●134回日商簿記検定試験模範解答

資格の大原 ダイエックス

日商簿記検定3級の解答速報などを動画で見る!!

⇒⇒⇒資格の大原

LEC東京リーガルマインド

第135回日商簿記検定まで

日商簿記検定施行商工会議所一覧

【期間限定】『簿記3級 精算表の解き方』準備中

第135回検定向け簿記3級第1問対策《無料メールセミナー》準備中!

 

皆様の暖かい応援クリックが私を励まします

次項有次項有次項有次項有次項有人気blogランキング

日商簿記検定の参考書・問題集こちら

一部の記事について書き直しをしているので、
一時的に(1日〜1週間程度)表示できなくなることがあります。
その際に
「カテゴリー」からご覧いただくと記事が全く表示されません。
また、
「リスエストされたページが見つかりません。
削除または移動された可能性があります。」
と表示されます。
何日後かにもう一度ご訪問いただくと表示できると思います。
すべての記事が表示されるまで、もうしばらくお待ちください。
m(_ _)m

だれでも受かる簿記3級の目次へ

 

 

2009年04月28日

決算(37)有形固定資産の売却(1)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち減価償却の話です。

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

有形固定資産を売却したときの仕訳について

今回からは有形固定資産を売却したときの仕訳について説明したいと思います。

間接法で減価償却を行っている場合に、有形固定資産を売却したときには減価償却累計

額も一緒に減少させます。

 

〔例〕

備品(取得原価¥100,000 減価償却累計額¥72,000)を¥30,000で売

却し、代金は現金で受け取った。

 

仕訳の考え方

現金が増加し備品という資産が減少しますから、それだけを考えると次のようになります。

(借)  現  金    30,000  (貸)  備  品   100,000 

 

これだけでは仕訳は完成しません。減価償却累計額も¥72,000減少するのです。

減価償却累計額は備品から引き算をする勘定科目ですから、備品とは反対側、つまり、

借方に出てきます。

(借)  現  金    30,000  (貸)  備  品   100,000 
備品減価償却累計額   72,000 

 

まだ仕訳は完成しません。借方と貸方の合計を比べてみても一致しません。

100,000−72,000=28,000

つまり、売却した備品の価値は¥28,000だったはずです。

それを問題に書いてあるように¥30,000で売ったのです。

30,000−28,000=2,000

2,000円の利益です。

そこで、次のように追加します。

(借)  現  金    30,000  (貸)  備  品   100,000 
備品減価償却累計額   72,000   固定資産売却益     2,000 

 

固定資産売却益は備品売却益とすることもあります。

第1問の仕訳問題で出題されたときには、どちらの勘定科目が指定されているのか

確認してから解答します。

それ以外の問題ではどちらでも正解とされることもよくあります。

これが利益ではなく損失だったら、借方側に固定資産売却損または備品売却損という

勘定科目で仕訳することになります。

 

最後に確認です。借方の合計額と貸方の合計額は必ず一致しています。

 

 

直接法で減価償却を行っている場合はどうでしょうか?

 

〔例〕

備品(取得原価¥100,000 減価償却費の累計額¥72,000)を¥30,000

で売却し、代金は現金で受け取った。減価償却は直接法で行っている。

 

減価償却を行うつど減価償却費の金額を備品勘定の貸方に記入することになるので、

この問題の備品勘定の残高は

100,000−72,000=28,000

となっているはずです。

この金額のことを帳簿価額または簿価ともいいます。

※有形固定資産の簿価とは、直接法ではその有形固定資産の勘定残高、間接法ではその

 有形固定資産の勘定残高から減価償却累計額を引き算した金額です。

※直接法で減価償却を行ったときの勘定残高の説明は以下のところで説明しています。

 

そこでこの問題は次のように書いてあるかもしれません。

 

備品(帳簿価額¥28,000)を¥30,000

で売却し、代金は現金で受け取った。

 

または、

備品(簿価¥28,000)を¥30,000

で売却し、代金は現金で受け取った。

 

どれでも内容は同じ問題です。

 

そして仕訳です。

(借)  現  金    30,000  (貸)  備  品   28,000 
 備品売却益    2,000 

 

直接法で減価償却を行っている場合でも、間接法で減価償却を行っている場合でも、

固定資産売却益(または○○売却益)や固定資産売却損(○○売却損)の金額は

同じ金額になるはずです。

 

売上原価の算定について】はこちらが初めです

貸倒引当金の設定について】はこちらが初めです

減価償却について】はこちらが初めです

 

【今までの減価償却についての内容】

  1. 減価償却額の計算

  2. 減価償却の仕訳(直接法)

  3. 減価償却の仕訳(間接法)

  4. 2年めの減価償却の仕訳(直接法)

  5. 2年めの減価償却の仕訳(間接法)

  6. 3年め以降の減価償却の仕訳

  7. 会計期間の途中で有形固定資産を購入したときの減価償却T

  8. 会計期間の途中で有形固定資産を購入したときの減価償却U

  9. 会計期間の途中で有形固定資産を購入したときの減価償却V

 


 

【このブログをお気に入りに登録する】

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

 

携帯サイトで手形の仕訳問題を38題アップしています。

仕訳問題と試算表作成問題に役に立つと思います。

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

        【このURLを携帯に送る!

        【このURLを友達に教える!

 

 

いつも「だれでも受かる簿記3級」への応援クリックありがとうございます。m(_ _)m役に立ったら1クリックをお願いします! もっともっとたくさんの皆様に

「だれでも受かる簿記3級」を読んでいただきたいと思っています。

ぜひ、お友達にも

たちばなん の 「だれでも受かる簿記3級」をご紹介ください!

「だれでも受かる簿記3級」のURLを友達に教える!

 

トップページへ・・・だれでも受かる簿記3級           【だれでも受かる簿記3級の目次へ】

 

 



posted by たちばなん at 00:00| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 減価償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ^-^
いつも読まさせていただいてます。
とてもためになり、助かっております。。
今回のは出題率が高目の所?なので、復習として
使わせていただいております。

よかったら精算表と損益・貸借表のポイント・注意点を分かりやすく且つ細かくまとめたものがあれば非常に助かります。
Posted by sakura at 2006年01月20日 23:00
精算表については

精算表(http://boki.seesaa.net/category/807012.html

をご覧ください。

また、損益計算書と貸借対照表の注意点は決算の説明のところで

必要に応じ、入れてあります。

今後、見直しをして書き加えるかもしれません。

どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by たちばなん at 2006年01月22日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
【スキルアップ・資格取得情報】
【スキルアップ一般】
速読1日集中コース SP式速読ソフト付、10倍保証付

【語学】
1日5分〜聞き流すだけの究極の英会話教材・試聴版プレゼント中!
本当に ある日英語が 聞き取れました
240万人が学んだ英語教材『イングリッシュアドベンチャー』
スーパーエルマー試聴サイト

【お役立ちサイト情報】
全国のホテル・旅館ガイド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。