●134回日商簿記検定試験模範解答

資格の大原 ダイエックス

日商簿記検定3級の解答速報などを動画で見る!!

⇒⇒⇒資格の大原

LEC東京リーガルマインド

第135回日商簿記検定まで

日商簿記検定施行商工会議所一覧

【期間限定】『簿記3級 精算表の解き方』準備中

第135回検定向け簿記3級第1問対策《無料メールセミナー》準備中!

 

皆様の暖かい応援クリックが私を励まします

次項有次項有次項有次項有次項有人気blogランキング

日商簿記検定の参考書・問題集こちら

一部の記事について書き直しをしているので、
一時的に(1日〜1週間程度)表示できなくなることがあります。
その際に
「カテゴリー」からご覧いただくと記事が全く表示されません。
また、
「リスエストされたページが見つかりません。
削除または移動された可能性があります。」
と表示されます。
何日後かにもう一度ご訪問いただくと表示できると思います。
すべての記事が表示されるまで、もうしばらくお待ちください。
m(_ _)m

だれでも受かる簿記3級の目次へ

 

 

2009年05月06日

決算(71)消耗品と消耗品費(3)

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち消耗品の処理の話です。

 

前々回からは消耗品と消耗品費についての話です。】

初めてこの記事を読むときはこちらから読んでいただくとわかりやすいと思います。

 

消耗品を購入したときの仕訳は2パターンありました。

それが次の二つの仕訳です。

(例) 事務用の消耗品¥1,000を購入し、代金は現金で支払った。

 

上の取引で購入時の仕訳を考えてみたいと思います。

まず、消耗品費勘定を用いる方法では、次のような仕訳になります。

(借)  消耗品   1,000  (貸)  現  金   1,000 

 

勘定に記入してみると次のようになります。(現金勘定は省略します。)

消耗品
1,000
 
 
 
消耗品
 
 
 
 

 

ここまでが、前回の話でしたが、

消耗品費勘定と消耗品勘定の残高を決算整理残高試算表に記入してみましょう!

決算整理残高試算表
消耗品費     1,000
 

 

 

ここがポイントです!

決算整理前残高試算表には、消耗品を購入したときの勘定科目が書いてある!

この場合には、消耗品費です!

 

次に、もう一つの消耗品勘定を用いる方法の仕訳です。

(借)  消耗品   1,000  (貸)  現  金   1,000 

 

勘定に記入してみると次のようになります。(現金勘定は省略します。)

消耗品
 
 
 
 
消耗品
1,000 
 
 
 

 

ここまでが、前回の話でしたが、

消耗品費勘定と消耗品勘定の残高を決算整理残高試算表に記入してみましょう!

決算整理残高試算表
消耗品     1,000
 

 

 

ここがポイントです!

決算整理前残高試算表には、消耗品を購入したときの勘定科目が書いてある!

この場合には、消耗品です!

 

ここに気がつかないと消耗品の部分の解説を読んでもさっぱりわからないということに

なりがちです。しっかりと覚えておいてください。

 

 

 

 

【今までの決算整理事項】

該当する項目をクリックするとそれぞれの項目の初めのページが開きます。

売上原価の算定について |貸倒引当金の設定について |減価償却について

収益および費用の見越・繰延

|消耗品の処理

 

 


 

【このブログをお気に入りに登録する】

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

 

携帯サイトで手形の仕訳問題を38題アップしています。

仕訳問題と試算表作成問題に役に立つと思います。

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

        【このURLを携帯に送る!

        【このURLを友達に教える!

 

 

いつも「だれでも受かる簿記3級」への応援クリックありがとうございます。m(_ _)m役に立ったら1クリックをお願いします! もっともっとたくさんの皆様に

「だれでも受かる簿記3級」を読んでいただきたいと思っています。

ぜひ、お友達にも

たちばなん の 「だれでも受かる簿記3級」をご紹介ください!

「だれでも受かる簿記3級」のURLを友達に教える!

 

トップページへ・・・だれでも受かる簿記3級           【だれでも受かる簿記3級の目次へ】

 

 



posted by たちばなん at 12:00| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 消耗品と消耗品費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつも参考にさせて頂いています。素朴な疑問なのですが、消耗品費の処理にはなぜ「資産処理」と「費用処理」の2種類があり、どのように使い分ければ良いのですか?よろしくお願いします。
Posted by チロル at 2006年10月03日 09:48
こんにちは

消耗品は貸借対照表に表示する資産の勘定科目で、

消耗品費は損益計算書に表示する費用の勘定科目ですね!

仕訳をするときにはそのどちらかを使うしかありません。

仕訳だけに用いる勘定科目がないからです。

どちらでもいいので、

二つの使い方ができてしまいました。

どちらの方法でも、貸借対照表と損益計算書を作ると

結果は同じになるはずです!



実際の試験問題ではどちらかで処理しているはずなので、

どちらなのかを見分けなければならないのです。

自分で仕訳をするときには、

特に指示がなければどちらでもいいのです。


ただし、試験問題は解答をいくつも作りたくないので、

正解が一つにしぼれるように工夫していると思います。

どのように見分けるかは、本文を参考にしてくださいネ!


Posted by たちばなん at 2006年10月05日 01:27
とてもわかりやすい説明ありがとうございました。
Posted by チロル at 2006年10月05日 09:35
出来立てのランキングサイトです。
是非ご利用下さい。
m(__)m
http://seorank.hi-hi.jp/
Posted by seorank at 2007年05月09日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
【スキルアップ・資格取得情報】
【スキルアップ一般】
速読1日集中コース SP式速読ソフト付、10倍保証付

【語学】
1日5分〜聞き流すだけの究極の英会話教材・試聴版プレゼント中!
本当に ある日英語が 聞き取れました
240万人が学んだ英語教材『イングリッシュアドベンチャー』
スーパーエルマー試聴サイト

【お役立ちサイト情報】
全国のホテル・旅館ガイド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。