●134回日商簿記検定試験模範解答

資格の大原 ダイエックス

日商簿記検定3級の解答速報などを動画で見る!!

⇒⇒⇒資格の大原

LEC東京リーガルマインド

第135回日商簿記検定まで

日商簿記検定施行商工会議所一覧

【期間限定】『簿記3級 精算表の解き方』準備中

第135回検定向け簿記3級第1問対策《無料メールセミナー》準備中!

 

皆様の暖かい応援クリックが私を励まします

次項有次項有次項有次項有次項有人気blogランキング

日商簿記検定の参考書・問題集こちら

一部の記事について書き直しをしているので、
一時的に(1日〜1週間程度)表示できなくなることがあります。
その際に
「カテゴリー」からご覧いただくと記事が全く表示されません。
また、
「リスエストされたページが見つかりません。
削除または移動された可能性があります。」
と表示されます。
何日後かにもう一度ご訪問いただくと表示できると思います。
すべての記事が表示されるまで、もうしばらくお待ちください。
m(_ _)m

だれでも受かる簿記3級の目次へ

 

 

2009年05月13日

伝票T 3伝票制

 

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回は伝票についてです。

 

伝票の問題は日商簿記3級では第4問によく出題されます。

簿記の基本的な流れとして、

 

取引→仕訳帳→総勘定元帳

    ↓

   補助元帳

 

というものがあります。

この仕訳帳の代わりに用いるのが伝票です。

 

取引→伝 票→総勘定元帳

    ↓

   補助元帳

 

仕訳帳という帳簿の形では同時に何人もの人が仕訳を記入することができません。

ところが、伝票は1枚の紙なので同時に何人もの人が仕訳を記入することができます。

これが伝票を用いることのメリットです。

 

検定試験直前でもありますし、

伝票のポイントを書きたいと思います。

 

下の(例1)を見てください。

(例1)商品を売り上げ、代金¥5,000を現金で受け取った。

これを仕訳すると次のようになります。

(借)  現  金   5,000  (貸)  売  上   5,000 

 

これを1枚の伝票に書いてみたいと思います。

 仕 訳 伝 票 
現  金 5,000 売  上 5,000

 

この伝票は現実には使われない伝票です。

伝票を便利に使うためにいくつかの種類に分けました。

まず、3伝票制というもので入金伝票出金伝票振替伝票です。

入金伝票・・・・・現金が入金されたときに用いる伝票

出金伝票・・・・・現金が出金されたときに用いる伝票

振替伝票・・・・・現金の入出金以外に用いる伝票

上のように分けることができます。

 

(例1)の取引は入金の取引なので入金伝票に記入してみたいと思います。

入金伝票は借方の勘定科目と金額を省略すると考えてください!

したがって、下のように記入するわけです。

 入 金 伝 票 
売  上 5,000

 

次に出金伝票です。

(例2)商品を仕入れ、代金¥5,000を現金で支払った。

これを仕訳すると次のようになります。

(借)  仕  入   5,000  (貸)  現  金   5,000 

 

これを1枚の伝票に書いてみたいと思います。

 仕 訳 伝 票 
仕  入 5,000 現  金 5,000

 

この伝票は現実には使われない伝票です。

(例2)の取引は出金の取引なので出金伝票に記入してみたいと思います。

出金伝票は貸方の勘定科目と金額を省略すると考えてください。

したがって、下のように記入するわけです。

  出 金 伝 票  
仕  入 5,000

 

また、振替伝票は現金の入出金以外の取引をそのまま記入する伝票です。

下のように記入すればいいのです。

 振 替 伝 票 
○○○ ××× ○○○ ×××

 

このような3伝票制を用いる場合に一部現金取引というものが問題となってきます。

例えば次の(例3)のような取引です。

(例3)商品¥5,000を売り上げ、代金のうち¥3,000は現金で受け取り、

残額は掛けとした。

仕訳をすると次のようになります。

(借)  現  金   3,000  (貸)  売  上   5,000 
   売掛金   2,000       

 

このような取引は1枚の伝票には記入できません。

入金伝票に記入しようと思っても、掛けの部分を記入することができません。

また、振替伝票には現金は記入しないのです。

そこで、この取引を二つに分けることにしましたが、その方法に2種類あります。

 

  1. 現金による売上取引と掛けによる売上取引に分ける方法

  2. いったん全額を掛けによって売り上げたとし、

      その後売掛金の一部を現金で受け取ったと考える方法

 

  1. 現金による売上取引と掛けによる売上取引に分ける方法によって、

      仕訳と伝票の記入をしてみます。

    (借)  現  金   3,000  (貸)  売  上   3,000 
    →→→入金伝票に記入

    (借)  売掛金   2,000  (貸)  売  上   2,000 
    →→→振替伝票に記入

     

     入 金 伝 票 
    売  上 3,000

     振 替 伝 票 
    売掛金 2,000 売  上 2,000

     

  2. いったん全額を掛けによって売り上げたとし、

      その後売掛金の一部を現金で受け取ったと考える方法によって

      仕訳と伝票の記入をしてみます。

  
(借)  売掛金   5,000  (貸)  売  上   5,000 
→→→振替伝票に記入

(借)  現  金   3,000  (貸)  売掛金   3,000 
→→→入金伝票に記入

 

 入 金 伝 票 
売掛金 3,000

 振 替 伝 票 
売掛金 5,000 売  上 5,000

 

今度は商品の仕入時の一部現金取引を考えます。

(例4)商品¥5,000を仕入れ、代金のうち¥3,000は現金で支払い、

残額は掛けとした。

仕訳をすると次のようになります。

(借)  仕  入   5,000  (貸)  現  金   3,000 
          買掛金   2,000 

 

このような取引も1枚の伝票には記入できません。

出金伝票に記入しようと思っても、掛けの部分を記入することができません。

また、振替伝票には現金は記入しないのです。

そこで、この取引を二つに分けることにしましたが、その方法に2種類あります。

 

  1. 現金による仕入取引と掛けによる仕入取引に分ける方法

  2. いったん全額を掛けによって仕入れたとし、

      その後買掛金の一部を現金で支払ったと考える方法

 

  1. 現金による仕入取引と掛けによる仕入取引に分ける方法によって、

      仕訳と伝票の記入をしてみます。

    (借)  仕  入   3,000  (貸)  現  金   3,000 
    →→→出金伝票に記入

    (借)  仕  入   2,000  (貸)  買掛金   2,000 
    →→→振替伝票に記入

     

     出 金 伝 票 
    仕  入 3,000

     振 替 伝 票 
    仕  入 2,000 買掛金 2,000

     

  2. いったん全額を掛けによって仕入れたとし、

      その後買掛金の一部を現金で支払ったと考える方法によって

      仕訳と伝票の記入をしてみます。

    (借)  仕  入   5,000  (貸)  買掛金   5,000 
    →→→振替伝票に記入

    (借)  買掛金   3,000  (貸)  現  金   3,000 
    →→→出金伝票に記入

     

     出 金 伝 票 
    買掛金 3,000

     振 替 伝 票 
    仕  入 5,000 買掛金 5,000

 

 

伝票の問題は商品の取引で練習をし、その後に商品以外の取引で練習をすると

わかりやすいと思います。

なぜならば、商品の問題にはちょっとしたチェックポイントがあるからです。

【よく日商簿記3級の問題に出題される問題】

商品¥7,000を売り上げ、代金のうち¥5,000を現金で受け取り、残額は掛け

とした取引について、入金伝票を(1)のように記入したときと(2)のように記入

したときのそれぞれのときの振替伝票の記入をしなさい。

 

(1)

 入 金 伝 票 
売  上 5,000

(2)

 入 金 伝 票 
5,000

 

赤い字を見てください。

という漢字が書いてあります。

入金伝票にこの漢字が書いてあったら、

いったん全額を掛けによって売り上げたとし、

その後売掛金の一部を現金で受け取ったと考える方法

です!

 

つまり、(2)の振替伝票は次のようになります。

 振 替 伝 票 
売掛金 7,000 売  上 7,000

 

それから、振替伝票の赤い金額を見てください!

7,000

もしも、振替伝票から入金伝票を推定する問題ならば、ここで判断します。

売り上げた商品全部の金額(現金売上+掛売上)がここに書かれていれば、

いったん全額を掛けによって売り上げたとし、

その後売掛金の一部を現金で受け取ったと考える方法

です!

 

(1)の振替伝票と比較してください。

 振 替 伝 票 
売掛金 2,000 売  上 2,000

 

商品の仕入の取引でも同じところがチェックポイントになります。

まず、商品で練習をしてから商品以外の問題を解くようにするといいと思います。

 


 

【このブログをお気に入りに登録する】

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

 

携帯サイトで手形の仕訳問題を38題アップしています。

仕訳問題と試算表作成問題に役に立つと思います。

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

        【このURLを携帯に送る!

        【このURLを友達に教える!

 

 

いつも「だれでも受かる簿記3級」への応援クリックありがとうございます。m(_ _)m役に立ったら1クリックをお願いします! もっともっとたくさんの皆様に

「だれでも受かる簿記3級」を読んでいただきたいと思っています。

ぜひ、お友達にも

たちばなん の 「だれでも受かる簿記3級」をご紹介ください!

「だれでも受かる簿記3級」のURLを友達に教える!

 

トップページへ・・・だれでも受かる簿記3級           【だれでも受かる簿記3級の目次へ】

 

 

【関連する記事】
posted by たちばなん at 06:00| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 伝票 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
通りすがりですが、これで解けそうです。
何気にこれ参考書に解説が全く載って無かったんで、過去問で間違えながら答えから解き方推測して学んでました。

ぐぐっても、なかなかわかりやすい解説が見つからなかったりして困ってました。
ありがとうございます。
Posted by 仙人 at 2009年11月03日 12:50
いろんなサイトをまわって、簿記の講師にも質問したのですが理解できなかったことが、このサイトで今理解できました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
Posted by 通りすがりのものです at 2011年09月02日 10:16
丁寧な解説ありがとうございます!

とある参考書を買って読んだのですが
伝票会計については詳しく書いてなくて
ここに辿り着きました!

すっごくわかりやすかったです!
感謝☆

Posted by ななく at 2014年01月05日 14:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9476460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
【スキルアップ・資格取得情報】
【スキルアップ一般】
速読1日集中コース SP式速読ソフト付、10倍保証付

【語学】
1日5分〜聞き流すだけの究極の英会話教材・試聴版プレゼント中!
本当に ある日英語が 聞き取れました
240万人が学んだ英語教材『イングリッシュアドベンチャー』
スーパーエルマー試聴サイト

【お役立ちサイト情報】
全国のホテル・旅館ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。