●134回日商簿記検定試験模範解答

資格の大原 ダイエックス

日商簿記検定3級の解答速報などを動画で見る!!

⇒⇒⇒資格の大原

LEC東京リーガルマインド

第135回日商簿記検定まで

日商簿記検定施行商工会議所一覧

【期間限定】『簿記3級 精算表の解き方』準備中

第135回検定向け簿記3級第1問対策《無料メールセミナー》準備中!

 

皆様の暖かい応援クリックが私を励まします

次項有次項有次項有次項有次項有人気blogランキング

日商簿記検定の参考書・問題集こちら

一部の記事について書き直しをしているので、
一時的に(1日〜1週間程度)表示できなくなることがあります。
その際に
「カテゴリー」からご覧いただくと記事が全く表示されません。
また、
「リスエストされたページが見つかりません。
削除または移動された可能性があります。」
と表示されます。
何日後かにもう一度ご訪問いただくと表示できると思います。
すべての記事が表示されるまで、もうしばらくお待ちください。
m(_ _)m

だれでも受かる簿記3級の目次へ

 

 

2009年05月05日

決算(68)収益の見越(みこし)(6)

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

今回も費用の見越(みこし)についての話の続きです。

初めてこの記事をお読みになる場合には決算(63)収益の見越(みこし)?から

読んでいただくと話がわかりやすいかもしれません。

 

来年受け取るはずの収益でも、今年の分ならばそれは損益計算書に記入し、

同じ金額を貸借対照表の借方に資産として書いておく。

 

そのために、このような仕訳をしなければならないのです。

(借)  未収○○   ×××  (貸)  受取○○   ××× 

 

  今回はこの続きの話です。

上の仕訳をしたら、忘れてはいけないことがある!

続きを読む

posted by たちばなん at 18:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(67)収益の見越(みこし)(5)

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

【今回も費用の見越(みこし)についての話の続きです。】

初めてこの記事をお読みになる場合には決算(63)収益の見越(みこし)?から

読んでいただくと話がわかりやすいかもしれません。

 

来年受け取るはずの収益でも、今年の分ならばそれは損益計算書に記入し、

同じ金額を貸借対照表の借方に資産として書いておく。

ということを今やっております。

簿記ですから、これをどう仕訳するかという話が必要になってきます。

続きを読む

posted by たちばなん at 12:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(66)収益の見越(みこし)(4)

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

今回も収益の見越(みこし)についての話の続きです。

初めてこの記事をお読みになる場合にはこちらの決算(63)収益の見越(みこし)?

読んでいただくと話がわかりやすいかもしれません。

前回の記事は決算(65)収益の見越(みこし)?です。

 

来年受け取るはずの収益でも、今年の分ならばそれは損益計算書に記入し、

同じ金額を貸借対照表の借方に資産として書いておく。

ということまで前回考えたわけです。

それでは、また同じ時期に、同じ収益が発生したらそうなるのでしょうか?

続きを読む

posted by たちばなん at 06:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(65)収益の見越(みこし)(3)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回も収益の見越(みこし)についての話の続きです。

初めてこの記事をお読みになる場合には

決算(63)収益の見越(みこし)?から読んでいただくと

話がわかりやすいかもしれません。

前回の記事→→→決算(64)収益の見越(みこし)?

 

次のような取引で考えました。

会計期間は平成○1年1月1日から平成○1年12月31日までです。

(例)

平成○1年4月1日に取引先に¥100,000を現金で貸し付けた。

返済日は平成○2年3月31日、利息¥6,000は返済日に元金とともに受け取るこ

とになっている。

 

 

平成○2年に受け取る利息は今年の分(平成○1年4月1日から平成○1年12月31日

まで)と来年の分(平成○2年1月1日から平成○2年3月31日まで)のはずです。

平成○1年 平成○2年
1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31 1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31
  ¥4,500 ¥1,500  

 

色のついている部分の合計が受け取るはずの金額(¥6,000)です。

この金額は月割で計算して、

平成○1年の分:6,000×9÷12=4,500(4月から12月は9ヶ月間)

平成○2年の分:6,000×3÷12=1,500(1月から3月は3ヶ月間)

平成○1年の分の¥4,500と平成○2年の分の¥1,500に分かれます。

そして、

続きを読む

posted by たちばなん at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

決算(64)収益の見越(みこし)(2)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

前回からは収益の見越(みこし)についてです。】

次のような取引で考えました。

会計期間は平成○1年1月1日から平成○1年12月31日までです。

(例)

平成○1年4月1日に取引先に¥100,000を現金で貸し付けた。

返済日は平成○2年3月31日、利息¥6,000は返済日に元金とともに受け取るこ

とになっている。

 

さて、平成○1年4月1日の仕訳をしてみましょう!

(借)  貸 付 金   100,000  (貸)  現  金   100,000 

となります。

この仕訳の中に費用や収益の勘定科目は入っていません。

今年の損益計算書には、利息についての勘定科目は何も出てこないことになります。

 

平成○2年3月31日になって、元利合計を現金で支払ったとすると次の仕訳をします。

(借)  現  金   106,000  (貸)  貸 付 金   100,000 
 受取利息     6,000

ここに出てくる受取利息という収益は来年の損益計算書に書くことになります。

 

このままではちょっと問題があるのです。

平成○1年の損益計算書と平成○2年の損益計算書を作ると、

平成○1年の損益計算書には受取利息という収益が¥0となり、

平成○2年の損益計算書には受取利息という収益が¥6,000となってしまうのです。

             →→→→→→→→決算(63)収益の見越(みこし)T

続きを読む

posted by たちばなん at 18:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(63)収益の見越(みこし)(1)

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回からは収益の見越(みこし)についてです。

繰延が来年の分を支払ったり、受け取ったりしているのに対して、

見越(みこし)というものは、

今年の分の費用や収益なのにまだ支払ったり、受け取ったりしていないものについて

だということです。

 

このうち前回までは費用の見越でしたが、今回からは収益の見越になります。

続きを読む

posted by たちばなん at 12:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(62)費用の見越(みこし)(6)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回も費用の見越(みこし)についての話の続きです。

初めてこの記事をお読みになる場合には決算(57)費用の見越Tから読んでいただくと

話がわかりやすいかもしれません。

 

来年支払うはずの費用でも、今年の分ならばそれは損益計算書に記入し、

同じ金額を貸借対照表の貸方に負債として書いておく。

 

そのために、このような仕訳をしなければならないのです。

(借)  支払○○   ×××  (貸)  未払○○   ××× 

 

  今回はこの続きの話です。

上の仕訳をしたら、忘れてはいけないことがある!

続きを読む

posted by たちばなん at 06:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(61)費用の見越(みこし)(5)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

【今回も費用の見越(みこし)についての話の続きです。】

初めてこの記事をお読みになる場合にはこちらから読んでいただくと話がわかりやすい

かもしれません。

 

来年支払うはずの費用でも、今年の分ならばそれは損益計算書に記入し、

同じ金額を貸借対照表の貸方に負債として書いておく。

ということを今やっております。

簿記ですから、これをどう仕訳するかという話が必要になってきます。

続きを読む

posted by たちばなん at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

決算(60)費用の見越(みこし)(4)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回も費用の見越(みこし)についての話の続きです。

初めてこの記事をお読みになる場合には決算(57)費用の見越(みこし)Tから

読んでいただくと話がわかりやすいかもしれません。

来年支払うはずの費用でも、今年の分ならばそれは損益計算書に記入し、

同じ金額を貸借対照表の貸方に負債として書いておく。

ということまで前回考えたわけです。

それでは、また同じ時期に、同じ費用が発生したらそうなるのでしょうか?

前回まで次のような取引で考えました。

 

会計期間は平成○1年1月1日から平成○1年12月31日までです。

(例)

平成○1年4月1日に銀行から¥100,000を現金で借り入れた。

返済日は平成○2年3月31日、利息¥6,000は返済日に元金とともに支払うこと

になっている。

 

平成○2年に支払う利息は平成○1年の分(平成○1年4月1日から平成○1年12月

31日まで)と平成○2年の分(平成○2年1月1日から平成○2年3月31日まで)

のはずです。

平成○1年 平成○2年
1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31 1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31
  ¥4,500 ¥1,500  

まだ支払っていなくても、平成○1年の分の金額で平成○1年の損益計算書と貸借対照

表を作りました。

 

平成○1年の損益計算書と貸借対照表は

前々回決算(58)費用の見越(みこし)U

前回決算(59)費用の見越(みこし)V

記事を見てください。

 

平成○2年の損益計算書は、他に支払いがなければ次のようになります。

 
損益計算書
平成○2年1月1日から平成○2年12月31日まで
費用 金額 収益 金額
売 上 原 価
給      料
支 払 家 賃
支 払 保 険 料
  ・・・・・
貸倒引当金繰入
減 価 償 却 費
  ・・・・・
支 払 利 息
  ・・・・・
当 期 純 利 益
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
     ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
1,500
  ・・・・・
収益−費用
売  上  高
   ・・・・・
受 取 手 数 料
  ・・・・・
受 取 利 息
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
   ・・・・・
    ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・

 

この平成○2年の4月1日にまた銀行から同じ金額を同じ条件で借り入れたらどうなる

かです。

平成○2年
1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31
¥1,500  

 

上の図に次の年を付け足してみると、次のようになります。

平成○2年 平成○3年
1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31 1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31
¥1,500 平成○3年3月31日支払い分¥6,000   

 

平成○2年には支払わないが、平成○2年の分の利息があるはずです。

そこで、その分が損益計算書と貸借対照表に記入されます。

 

平成○3年3月31日に支払われる予定の利息¥6,000のうち、

平成○2年4月1日〜平成○2年12月31日分(9ヶ月分)

¥6,000×9÷12=¥4,500

平成○3年1月1日〜平成○3年3月31日分(3ヶ月分)

¥6,000×3÷12=¥1,500

となるはずです。

平成○2年 平成○3年
1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31 1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31
(1)¥1,500 (2)¥4,500 (3)¥1,500  

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

平成○3年3月31日支払い分¥6,000

 

この結果、平成○2年の損益計算書には平成○2年の分の費用が記入されていなければ

なりません。

 
損益計算書
平成○2年1月1日から平成○2年12月31日まで
費用 金額 収益 金額
売 上 原 価
給      料
支 払 家 賃
支 払 保 険 料
  ・・・・・
貸倒引当金繰入
減 価 償 却 費
  ・・・・・
支 払 利 息
  ・・・・・
当 期 純 利 益
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
     ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
6,000
  ・・・・・
収益−費用
売  上  高
   ・・・・・
受 取 手 数 料
  ・・・・・
受 取 利 息
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
   ・・・・・
    ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・

 

平成○2年の損益計算書には、

平成○2年3月31日に支払った1月1日〜3月31日の分→(1)¥1,500

平成○3年3月31日に支払う予定の4月1日〜12月31日の分→(2)¥4,500

つまり、¥1,500+¥4,500=¥6,000

が記入されるはずです。

 

平成○2年の貸借対照表には、

まだ支払っていない(平成○3年3月31日に支払わなければならない)

平成○2年の分の費用が記入されます。

平成○3年3月31日に支払う予定の4月1日〜12月31日の分→(2)¥4,500

 

 
貸借対照表
平成○2年12月31日
資産 金額 負債および資本 金額
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
     ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
   ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
未払利息
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
   ・・・・・
    ・・・・・
4,500
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・

 

 

 

【今までの費用および収益の見越・繰延についての内容】

該当する項目をクリックすると別のページが開きます。

  1. 費用の繰延T〜Xはこちらから始まっています。

  2. 収益の繰延T〜Xはこちらから始まっています。

  3. 費用の見越T〜はこちらから始まっています。

 

 

【その他の決算整理事項】

該当する項目をクリックするとそれぞれの項目の初めのページが開きます。

売上原価の算定について |貸倒引当金の設定について |減価償却について

収益および費用の見越・繰延

 

 

 


 

【このブログをお気に入りに登録する】

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

 

携帯サイトで手形の仕訳問題を38題アップしています。

仕訳問題と試算表作成問題に役に立つと思います。

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

        【このURLを携帯に送る!

        【このURLを友達に教える!

 

 

いつも「だれでも受かる簿記3級」への応援クリックありがとうございます。m(_ _)m役に立ったら1クリックをお願いします! もっともっとたくさんの皆様に

「だれでも受かる簿記3級」を読んでいただきたいと思っています。

ぜひ、お友達にも

たちばなん の 「だれでも受かる簿記3級」をご紹介ください!

「だれでも受かる簿記3級」のURLを友達に教える!

 

トップページへ・・・だれでも受かる簿記3級           【だれでも受かる簿記3級の目次へ】

 

 

posted by たちばなん at 18:00| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(59)費用の見越(みこし)(3)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回も費用の見越(みこし)についての話の続きです。

初めてこの記事をお読みになる場合には決算(57)費用の見越(みこし)Tから

読んでいただくと話がわかりやすいかもしれません。

前回の記事は決算(58)費用の見越(みこし)Uです。

 

次のような取引で考えました。

会計期間は平成○1年1月1日から平成○1年12月31日までです。

(例)

平成○1年4月1日に銀行から¥100,000を現金で借り入れた。

返済日は平成○2年3月31日、利息¥6,000は返済日に元金とともに支払うこと

になっている。

 

平成○2年に支払う利息は今年の分(平成○1年4月1日から平成○1年12月31日

まで)と来年の分(平成○2年1月1日から平成○2年3月31日まで)のはずです。

平成○1年 平成○2年
1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31 1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31
  ¥4,500 ¥1,500  

 

色のついている部分の合計が支払うはずの金額(¥6,000)です。

この金額は月割で計算して、

平成○1年の分:6,000×9÷12=4,500(4月から12月は9ヶ月間)

平成○2年の分:6,000×3÷12=1,500(1月から3月は3ヶ月間)

平成○1年の分の¥4,500と平成○2年の分の¥1,500に分かれます。

そして、

平成○1年の決算では、平成○1年の分の費用を損益計算書に記入し、

来年支払うことになるので貸借対照表にも記入することになるのです。

 

貸借対照表は、まだ支払っていない今年の分の費用を記入するところです。

 

 
貸借対照表
平成○1年12月31日
資産 金額 負債および資本 金額
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
     ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
   ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
未払利息
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
   ・・・・・
    ・・・・・
4,500
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・

 

上の貸借対照表の未払利息という勘定科目が、まだ払っていない今年の分の利息をあらわして

います。

「前○○○」「未○○○」のように、

勘定科目の一番初めの漢字が「前」・「未」のときは貸借対照表に書きます

そして、それが借方ならば資産貸方ならば負債です。

 

未払利息は貸借対照表の貸方に書きます。つまり負債です。

 

 

【今までの費用および収益の見越・繰延についての内容】

該当する項目をクリックすると別のページが開きます。

  1. 費用の繰延T〜Xはこちらから始まっています。

  2. 収益の繰延T〜Xはこちらから始まっています。

  3. 費用の見越T〜はこちらから始まっています。

 

 

【その他の決算整理事項】

該当する項目をクリックするとそれぞれの項目の初めのページが開きます。

売上原価の算定について |貸倒引当金の設定について |減価償却について

収益および費用の見越・繰延

 

 

 


 

【このブログをお気に入りに登録する】

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

 

携帯サイトで手形の仕訳問題を38題アップしています。

仕訳問題と試算表作成問題に役に立つと思います。

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

        【このURLを携帯に送る!

        【このURLを友達に教える!

 

 

いつも「だれでも受かる簿記3級」への応援クリックありがとうございます。m(_ _)m役に立ったら1クリックをお願いします! もっともっとたくさんの皆様に

「だれでも受かる簿記3級」を読んでいただきたいと思っています。

ぜひ、お友達にも

たちばなん の 「だれでも受かる簿記3級」をご紹介ください!

「だれでも受かる簿記3級」のURLを友達に教える!

 

トップページへ・・・だれでも受かる簿記3級           【だれでも受かる簿記3級の目次へ】

 

 

posted by たちばなん at 12:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(58)費用の見越(みこし)(2)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

前回から費用の見越(みこし)についての話です。】

次のような取引で考えました。

会計期間は平成○1年1月1日から平成○1年12月31日までです。

(例)

平成○1年4月1日に銀行から¥100,000を現金で借り入れた。

返済日は平成○2年3月31日、利息¥6,000は返済日に元金とともに支払うこと

になっている。

 

さて、平成○1年4月1日の仕訳をしてみましょう!

(借)  現  金   100,000  (貸)  借 入 金   100,000 

となります。

この仕訳の中に費用や収益の勘定科目は入っていません。

今年の損益計算書には、利息についての勘定科目は何も出てこないことになります。

 

平成○2年3月31日になって、元利合計を現金で支払ったとすると次の仕訳をします。

(借)  借 入 金   100,000  (貸)  現  金   106,000 
 支払利息    6,000 

 

このままではちょっと問題があるのです。

平成○1年の損益計算書と平成○2年の損益計算書を作ると、

平成○1年の損益計算書には支払利息という費用が¥0となり、

平成○2年の損益計算書には支払利息という費用が¥6,000となってしまうのです。

      →→→→→→→→前回の話決算(57)費用の見越(みこし)T

 

平成○2年に支払う利息は今年の分(平成○1年4月1日から平成○1年12月31日

まで)と来年の分(平成○2年1月1日から平成○2年3月31日まで)のはずです。

次の図を見てください。

平成○1年 平成○2年
1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31 1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31
  ¥4,500 ¥1,500  

 

色のついている部分の合計が支払うはずの金額(¥6,000)です。

それが平成○1年の分の¥4,500と平成○2年の分の¥1,500に分かれるはず

なのです。

 

この金額は月割で計算します。

平成○1年の分:6,000×9÷12=4,500(4月から12月は9ヶ月間)

平成○2年の分:6,000×3÷12=1,500(1月から3月は3ヶ月間)

特に指示がない限り日数では計算しません!

 

この結果、平成○1年の損益計算書と平成○2年の損益計算書は次のようになるはずで

す。

 

 
損益計算書
平成○1年1月1日から平成○1年12月31日まで
費用 金額 収益 金額
売 上 原 価
給      料
支 払 家 賃
支 払 保 険 料
  ・・・・・
貸倒引当金繰入
減 価 償 却 費
  ・・・・・
支 払 利 息
  ・・・・・
当 期 純 利 益
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
     ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
4,500
  ・・・・・
収益−費用
売  上  高
   ・・・・・
受 取 手 数 料
  ・・・・・
受 取 利 息
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
   ・・・・・
    ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・

 

 

 
損益計算書
平成○2年1月1日から平成○2年12月31日まで
費用 金額 収益 金額
売 上 原 価
給      料
支 払 家 賃
支 払 保 険 料
  ・・・・・
貸倒引当金繰入
減 価 償 却 費
  ・・・・・
支 払 利 息
  ・・・・・
当 期 純 利 益
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
     ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
1,500
  ・・・・・
収益−費用
売  上  高
   ・・・・・
受 取 手 数 料
  ・・・・・
受 取 利 息
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
   ・・・・・
    ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・

 

 

【今までの費用および収益の見越・繰延についての内容】

該当する項目をクリックすると別のページが開きます。

  1. 費用の繰延T〜Xはこちらから始まっています。

  2. 収益の繰延T〜Xはこちらから始まっています。

 


 

【このブログをお気に入りに登録する】

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

 

携帯サイトで手形の仕訳問題を38題アップしています。

仕訳問題と試算表作成問題に役に立つと思います。

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

        【このURLを携帯に送る!

        【このURLを友達に教える!

 

 

いつも「だれでも受かる簿記3級」への応援クリックありがとうございます。m(_ _)m役に立ったら1クリックをお願いします! もっともっとたくさんの皆様に

「だれでも受かる簿記3級」を読んでいただきたいと思っています。

ぜひ、お友達にも

たちばなん の 「だれでも受かる簿記3級」をご紹介ください!

「だれでも受かる簿記3級」のURLを友達に教える!

 

トップページへ・・・だれでも受かる簿記3級           【だれでも受かる簿記3級の目次へ】

 

 

 

【その他の決算整理事項】

該当する項目をクリックするとそれぞれの項目の初めのページが開きます。

売上原価の算定について |貸倒引当金の設定について |減価償却について

収益および費用の見越・繰延

 

 

posted by たちばなん at 06:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(57)費用の見越(みこし)(1)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回からは費用の見越(みこし)についてです。

費用の繰延とは、

来年の分の費用を支払ったときに、それを今年の費用としないで来年の費用とするため

に決算のときには資産としておく手続きだということができます。

   →決算(47)費用の繰延T

収益の繰延とは、

来年の分の収益を 受け取ったときに、それを今年の収益としないで来年の収益とするた

めに決算のときには負債としておく手続きだということができます。

   →決算(52)収益の繰延

このような繰延について説明しました。

今度は見越(みこし)というものがどういうものなのかです。

それは、

繰延が来年の分を支払ったり、受け取ったりしているのに対して、

見越(みこし)というものは、

今年の分の費用や収益なのにまだ支払ったり、受け取ったりしていないものについて

だということです。

 

まず、費用の見越しについてです。

次のような取引があったとしましょう。

会計期間は平成○1年1月1日から平成○1年12月31日までです。

(例)

平成○1年4月1日に銀行から¥100,000を現金で借り入れた。

返済日は平成○2年3月31日、利息¥6,000は返済日に元金とともに支払うこと

になっている。

 

さて、平成○1年4月1日仕訳をしてみましょう!

(借)  現  金   100,000  (貸)  借 入 金   100,000 

となります。

この仕訳の中に費用や収益の勘定科目は入っていません。

今年の損益計算書には、利息についての勘定科目は何も出てこないことになります。

 

平成○2年3月31日になって、元利合計を現金で支払ったとすると次の仕訳をします。

(借)  借 入 金   100,000  (貸)  現  金   106,000 
 支払利息   6,000 

ここに出てくる支払利息という費用は来年の損益計算書に書くことになります。

 

平成○1年と平成○2年の損益計算書を作ってみると以下のようになりますが、

このままではちょっと問題があるのです。

 

 
損益計算書
平成○1年1月1日から平成○1年12月31日まで
費用 金額 収益 金額
売 上 原 価
給      料
支 払 家 賃
支 払 保 険 料
  ・・・・・
貸倒引当金繰入
減 価 償 却 費
  ・・・・・
支 払 利 息
  ・・・・・
当 期 純 利 益
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
     ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
収益−費用
売  上  高
   ・・・・・
受 取 手 数 料
  ・・・・・
受 取 利 息
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
   ・・・・・
    ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・

 

 

 
損益計算書
平成○2年1月1日から平成○2年12月31日まで
費用 金額 収益 金額
売 上 原 価
給      料
支 払 家 賃
支 払 保 険 料
  ・・・・・
貸倒引当金繰入
減 価 償 却 費
  ・・・・・
支 払 利 息
  ・・・・・
当 期 純 利 益
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
     ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
6,000
  ・・・・・
収益−費用
売  上  高
   ・・・・・
受 取 手 数 料
  ・・・・・
受 取 利 息
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
   ・・・・・
    ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・
  ・・・・・

 

 

【今までの費用および収益の見越・繰延についての内容】

該当する項目をクリックすると別のページが開きます。

  1. 費用の繰延T〜Xはこちらから始まっています。

  2. 収益の繰延T〜Xはこちらから始まっています。

 

【その他の決算整理事項】

該当する項目をクリックするとそれぞれの項目の初めのページが開きます。

売上原価の算定について |貸倒引当金の設定について |減価償却について

収益および費用の見越・繰延

 

 


 

【このブログをお気に入りに登録する】

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

 

携帯サイトで手形の仕訳問題を38題アップしています。

仕訳問題と試算表作成問題に役に立つと思います。

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

        【このURLを携帯に送る!

        【このURLを友達に教える!

 

 

いつも「だれでも受かる簿記3級」への応援クリックありがとうございます。m(_ _)m役に立ったら1クリックをお願いします! もっともっとたくさんの皆様に

「だれでも受かる簿記3級」を読んでいただきたいと思っています。

ぜひ、お友達にも

たちばなん の 「だれでも受かる簿記3級」をご紹介ください!

「だれでも受かる簿記3級」のURLを友達に教える!

 

トップページへ・・・だれでも受かる簿記3級           【だれでも受かる簿記3級の目次へ】

 

 

posted by たちばなん at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

決算(56)収益の繰延(くりのべ)(5)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

 

今回も収益の繰延(くりのべ)についての続きです。

初めてこの記事をご覧になる場合には、

決算(52)収益の繰延(くりのべ)Tからお読みになると話が続きます。

 

来年の分の収益を受け取ったら、それを来年の損益計算書に書くために、

今年の決算では貸借対照表に書いておく。

そのためには決算整理仕訳として、次の仕訳を行わなければならない。

(借)  受取○○   ×××  (貸)  前受○○   ××× 

ということまでが前回の内容です。

 

今回は書きたいのはこういうことです。

上の仕訳をしたら、忘れてはいけないことがある!

話の流れは費用の繰延とまったく同じです。

 

(例)

会計期間は平成○1年1月1日から平成○1年12月31日です。

当店は平成○1年4月1日に1年分の家賃¥12,000を現金で受け取りました。

決算時に行う仕訳と翌期首(平成○2年1月1日)の日付で行う再振替仕訳を書きな

さい。

 

仕訳問題の形式にすればこんな感じでしょうか?

 

決算時の仕訳は大丈夫ですよね!

そう、この仕訳でした!

(借)  受取家賃   3,000  (貸)  前受家賃   3,000 

 

そして、再振替仕訳です。

(借)  前受家賃   3,000  (貸)  受取家賃   3,000 

 

決算日の翌日の日付でこの仕訳を必ず行います!

これは忘れずにいてください。

細かな説明はここでは書きません。

 

  1. 決算日の翌日の日付で再振替仕訳を必ず行う!

  2. それは決算整理仕訳の借方と貸方を反対に仕訳したものだ!

これだけ覚えていてください。

 

非常に重要です!

 

来年の分の収益を貸借対照表という入れ物に入れました。

でも、忘れちゃったら困るじゃないですか?

そこでこの仕訳は翌期首の日付で行います。

 

再振替仕訳とは、収益および費用の見越・繰延などの決算整理仕訳を翌期首の

日付で借方と貸方を入れ替えて行う仕訳です。

 

 

 

 

【今までの費用および収益の見越・繰延についての内容】

該当する項目をクリックすると別のページが開きます。

  1. 費用の繰延T〜Xはこちらから始まっています。

  2. 収益の繰延T

  3. 収益の繰延U

  4. 収益の繰延V

  5. 収益の繰延W

 

【その他の決算整理事項】

該当する項目をクリックするとそれぞれの項目の初めのページが開きます。

売上原価の算定について |貸倒引当金の設定について |減価償却について

収益および費用の見越・繰延

 

 


 

【このブログをお気に入りに登録する】

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

 

携帯サイトで手形の仕訳問題を38題アップしています。

仕訳問題と試算表作成問題に役に立つと思います。

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

        【このURLを携帯に送る!

        【このURLを友達に教える!

 

 

いつも「だれでも受かる簿記3級」への応援クリックありがとうございます。m(_ _)m役に立ったら1クリックをお願いします! もっともっとたくさんの皆様に

「だれでも受かる簿記3級」を読んでいただきたいと思っています。

ぜひ、お友達にも

たちばなん の 「だれでも受かる簿記3級」をご紹介ください!

「だれでも受かる簿記3級」のURLを友達に教える!

 

トップページへ・・・だれでも受かる簿記3級           【だれでも受かる簿記3級の目次へ】

 

 

posted by たちばなん at 18:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(55)収益の繰延(くりのべ)(4)

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

 

今回も収益の繰延(くりのべ)についての続きです。

初めてこの記事をご覧になる場合には、

初めのページからお読みになると話が続きます。→初めの記事

 

 

来年の分の収益を受け取ったら、それを来年の損益計算書に書くために、

今年の決算では貸借対照表に書いておく。

前回までの話はこんなことになると思います。

 

今までの内容を仕訳するとどうなるのかを確認していきたいと思います。

 

続きを読む

posted by たちばなん at 12:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(54)収益の繰延(くりのべ)(3)

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回も収益の繰延(くりのべ)についての続きです。

初めてこの記事をご覧になる場合には、

前々回のページからお読みになると話が続きます。→前々回の記事

 

前回の内容を振り返って見ましょう!

会計期間は平成○1年1月1日から平成○1年12月31日です。

平成○1年4月1日に家賃を1年分¥12,000受け取りました。

このうち¥9,000は平成○1年4月1日から平成○1年12月31日の分なので、

平成○1年の損益計算書に記入します。

残りの¥3,000は平成○2年1月1日から平成○2年3月31日の分なので、

平成○1年の貸借対照表に記入します。

 

平成○1年 平成○2年
1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31 1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31
  ¥9,000 ¥3,000  

 

貸借対照表に記入された内容が次の年に損益計算書に記入されるわけです。

続きを読む

posted by たちばなん at 06:00| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(53)収益の繰延(くりのべ)(2)

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

前回から収益の繰延(くりのべ)についてです。

初めてこの記事をご覧になる場合には、

前回のページからお読みになると話が続きます。→前回の記事

費用の繰延のページはこちらから始まっています。

 

前回の内容を振り返って見ましょう!

会計期間は平成○1年1月1日から平成○1年12月31日です。

平成○1年4月1日に家賃を1年分¥12,000受け取りました。

このうち¥9,000は平成○1年4月1日から平成○1年12月31日の分なので、

平成○1年の損益計算書に記入します。

残りの¥3,000は平成○2年1月1日から平成○2年3月31日の分なので、

平成○2年の損益計算書に記入します。

 

平成○1年 平成○2年
1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31 1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31
  ¥9,000 ¥3,000  

 

この収益の場合にも費用の場合と同様に注意しなければならないことがあります。

それは、

続きを読む

posted by たちばなん at 00:00| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

決算(52)収益の繰延(くりのべ)(1)

 

人気blogランキング

<「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回から収益の繰延(くりのべ)についてです。

費用の繰延のページはこちらから始まっています。

 

損益計算書について確認したいと思います。

損益計算書は借方に費用を貸方に収益を記入して、

その差額として当期純利益や当期純損失をあらわすものです。

続きを読む

posted by たちばなん at 18:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(51)費用の繰延(くりのべ)(5)

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回も費用の繰延(くりのべ)についての続きです。

この話の一番初めのページはこちらです。

今日初めてご覧になる場合には、この話の一番初めのページから読んでいただくとわか

りやすいと思います。

 

来年の分の費用を支払ったら、それを来年の損益計算書に書くために、

今年の決算では貸借対照表に書いておく。

そのためには決算整理仕訳として、次の仕訳を行わなければならない。

(借)  前払○○   ×××  (貸)  支払○○   ××× 

ということまでが前回の内容です。

 

今回は書きたいのはこういうことです。

上の仕訳をしたら、忘れてはいけないことがある!

続きを読む

posted by たちばなん at 12:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(50)費用の繰延(くりのべ)(4)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回も費用の繰延(くりのべ)についての続きです。

この話の一番初めのページはこちらです。

今日初めてご覧になる場合には、この話の一番初めのページから読んでいただくとわか

りやすいと思います。

 

来年の分の費用を支払ったら、それを来年の損益計算書に書くために、

今年の決算では貸借対照表に書いておく。

前回までの話はこんなことになると思います。

 

今までの内容を仕訳するとどうなるのかを確認していきたいと思います。

 

(例)

会計期間は平成○1年1月1日から平成○1年12月31日です。

当店は平成○1年4月1日に1年分の保険料¥12,000を現金で支払いました。

決算で行う仕訳を答えなさい。

続きを読む

posted by たちばなん at 06:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算(49)費用の繰延(くりのべ)(3)

日商簿記検定3級に必要な決算整理事項のうち収益および費用の見越・繰延の話です。

 

人気blogランキング

「携帯版だれでも受かる簿記3級」もよろしくネ!

携帯版だれでも受かる簿記3級

 

【このブログをMy Yahoo!に追加する】

My Yahoo!に追加

 

今回も費用の繰延(くりのべ)についての続きです。

前回の内容を振り返って見ましょう!

会計期間は平成○1年1月1日から平成○1年12月31日です。

平成○1年4月1日に保険料を1年分¥12,000支払いました。

このうち¥9,000は平成○1年4月1日から平成○1年12月31日の分なので、

平成○1年の損益計算書に記入します。

残りの¥3,000は平成○2年1月1日から平成○2年3月31日の分なので、

平成○1年の貸借対照表に記入します。

 

平成○1年 平成○2年
1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31 1/1〜3/31 4/1〜6/30 7/1〜9/30 10/1〜12/31
  ¥9,000 ¥3,000  

 

貸借対照表に記入された内容が次の年に損益計算書に記入されるわけです。

続きを読む

posted by たちばなん at 00:00| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 収益および費用の見越・繰延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【スキルアップ・資格取得情報】
【スキルアップ一般】
速読1日集中コース SP式速読ソフト付、10倍保証付

【語学】
1日5分〜聞き流すだけの究極の英会話教材・試聴版プレゼント中!
本当に ある日英語が 聞き取れました
240万人が学んだ英語教材『イングリッシュアドベンチャー』
スーパーエルマー試聴サイト

【お役立ちサイト情報】
全国のホテル・旅館ガイド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。